オープン日のお知らせ

いよいよ、新店舗のオープンが目前に迫ってきました。

保健所の検査も無事に終わり、売り場、厨房ともに営業にはもう支障のない状態ですので、満を持して開店させていただきます。

 

月日:12月19日(水)

時間:午前11時

 

新規開店といっても、小さな弁当屋で人の手も限られていることですので、花輪も出しませんしオープンセール等も行いません。

新前橋の片隅で、キンパ、日替わり弁当、お惣菜等をご用意して、ひっそりとお待ちしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

*****

 

売り場はこんな感じ。

古いお家の建具や、樹齢150年を超える上野村の楓の柱、年季の入った鉄のカウンターと椅子が並んでいます。

「少し落ち着いたら立ち飲みやろうと思ってるんだー」と友人知人に話していたら、弁当屋としてよりも飲み屋としての期待を一身に背負ってしまいました。

 

ハードボイルドな昭和レトロ

 

 

厨房も、今回は一からの設計だったので、必要なものだけを必要な場所に配置できたというのが、本当に良かったです。

このビシッと感は、やっぱりプロの仕事ですねー。一級建築士の関口さんには、大変お世話になりました。

奥に見えているのは、今回新しく導入したスチームコンベクションオーブンです。

なけなしの貯金をはたきましたの。

 

ガス台はあえての鋳物コンロ

 

 

レジカウンターは、80年位前???の古いタンス。

古家具を扱う「板鼻ポケット」からやってきてくれたお宝です。

木工職人の宮島さんが、新しい天板を付けたり、塗り直したりしてカッコよく蘇らせてくれました。

 

すごい存在感

 

 

 

宮島さんには、店舗のポイントの一つとなる柱も作ってもらいました。

樹齢150年〜200年、倒して20年程の上野村の楓の木だそうです。

こういうのって、どこぞのお屋敷に使うのものなのでは、、、こんな場末の弁当屋にあってよいのかしら、、、

 

 

 

たくさんの人を手をお借りして、新店舗はこんなふうになりました。

新しいBENTO261をよろしくお願いいたします。

じゃが芋の柚子塩きんぴら

柚子が大好きすぎて、もはや使う限度が全く分からなくなっています。

柑橘系の香りはどれも好きなんですが、特にフレッシュな柚子のあの馥郁とした香りはたまりませんね。

もういつも柚子を持ち歩きたいくらい!

私、前世はアゲハチョウの幼虫だったのかもしれません。

※ちなみにスタッフからは、「こんなに柚子愛と山椒愛のすごい人は見たことありません」と言われています。(山椒も好きなんです)

 

そんなわけで、柚子の採れるこの時期は料理にあれこれ使うのですが、最近作って美味しかったものをご紹介しますね。

簡単で、美味しくて、酒が進むデキるやつです。←お前は本当にそればっかりだな!

 

 

『じゃが芋の柚子塩きんぴら』

 

 

 

【材料】

じゃが芋(メークインが崩れにくくてオススメ)・柚子

塩・サラダ油・青ねぎ等なにか緑のもの

 

【作り方】

,犬磴芋は皮をむいてマッチ棒くらいの千切りにして水にさらし、何度か水を変えながらアクをしっかり抜きます。

 

独り言:レシピでよく「マッチ棒くらいの太さの千切り」という表記をしますが、最近はマッチを家庭に常備しているところも少ないのではないかぁと思っていて、マッチを見慣れている世代にとっては、太さを連想するのにとても分かりやすいけれど、これからは“マッチ棒”に代わる表現も考えなくてはならないなぁと思っています。でも「マッチ棒くらいの太さ」ってぴったりなんですよねぇ。。。

 

 

 

 

⇒子は皮を包丁でむいて白い部分をきれい取り、千切りにします。

 

 

 

 

フライパンにサラダ油を熱して,里犬磴芋を炒めます。油がまわって透き通ってきたら塩を加え、少し歯ごたえが残る程度に炒めます。最後に△陵子と緑のものを混ぜ合わせ、あとは余熱で仕上げます。おわり。

 

画像の緑のものは人参葉です。

 

 

このおかず、ランチでも小鉢でお出ししているのですが、この爽やかな食べ物は何でしょう!と、お客様からとてもご好評をいただいています。

ある年配の男性のお客様は、「むかし、母親がこんなふうにじゃが芋を千切りにして炒めたのを出してくれたなぁ、と思い出して、涙が出そうになりました」とおっしゃっていました。

食べ物の記憶って、いつになっても忘れないものなんですね。

 

 

お弁当にも入りました♪

新店舗の場所

連休中は、たくさんのご注文・ご来店をいただき、ありがとうございました。

おかげさまでぼさーっとしている間もなく、スタッフ一同大変忙しくさせていただきました。

 

いやーここだけの話、慌ただしくてお手洗いにも行けなくて。膀胱と括約筋が悲鳴上げましたわ。

もう、こうなったらいけるとこまでいってやるーーー!バッチコーーーイ!てな具合でね、

 

ー筋肉がNOと叫んだら、私はYESと答えるー by.シュワちゃん

 

ぐらいの気合で営業しておりましたYO!

 

 

普通だけどクセになる、と専ら評判の「特製キーマカレー」も人気でした。

 

新しい店舗のほうも順調に進んでおります。

今後、進捗具合をこのブログでも少しずつお知らせできるといいなぁと思っていますが、現在、移転先についてのお問い合わせを多くいただいているので、まずは新店舗の場所をご案内いたします。

本邦初公開!これが古墳の隣からの移転先です。

 

↑↑↑スタッフのヨモさんが何度も試行錯誤して作ってくれた地図

 

 

実は今回は、設計・デザインをお願いした一級建築士の先生も女性、工事を請け負っていただいた建設会社の現場監督も女性、私を含めた261のスタッフも全て女性、という女だらけの店作りです。

オープンは12月中旬頃の予定。

一体どんなふうになるやら、、、とても楽しみです。

昨日のトレーニング

時間がなかったので、昨日は胸と背中を中心にしました。※数字はウェイト

 

【胸】

ベンチプレス 20→30→40→50→60→50→40→30

ケーブルクロス 20

インクラインダンベルプレス 12

 

【背中】

チンニング

フロントプルダウン 36

バックプルダウン 36

ローイング 25

 

【腹】

クランチ 二種

 

 

今週は、肩と脚をやり残しているので気になります。

↓の画像は、トレーニングとは何の関係もない猫さん画像。

陽だまりでくっついてウトウトしているところを撮らせてもらいました。

 

 

キッシュコレクション

日が落ちるのが早くなりましたね。(嬉)

暗くなってくると私ときたらもう、ワクワクのソワソワですよ、今日はなに飲もうかしら〜、ってね。

 

よく「普段は何のお酒飲んでるの?」と聞かれますが、私の場合、家では日本酒、ビール、ワイン、焼酎、ウィスキーが多いでしょうか。

外に出た時は料理によって、紹興酒やマッコリ、ジン、ラム、怪しい焼酎も。

とりあえず、醸造酒も蒸留酒も分け隔てなく何でも飲みます。

だって父さんと母さんが「好き嫌いはしちゃいけないよ」って。

 

お酒が好きな人は誰もがそうだと思いますが、「一日の終わりの食事=酒」なんですよねぇ。

だから私なんて、自分一人の時は酒飲んで終わりですよ。

面倒くさくて何にも食べない。アハハハハ!←おい

 

 

 

 

というわけで、お酒のつまみとしても大変ご好評をいただいているBENTO261のオードブルから、今日はキッシュのご紹介です。

10,800円(税別)以上のオードブルには、リース風に盛り付けたものをまるっとご用意していますよ。

生地から丁寧に作る季節のキッシュを、ぜひご賞味くださいね。

 

 

 

オードブルについては、こちらをご覧ください。

【261のオードブル】

http://tsuruichi.jp/menu/591530

筋肉ラバー

どうも。酒と筋肉をこよなく愛するツルイチです。

弁当屋を本格的に始める前までは、週4の4分割(トレーニングを胸・肩・背中・脚に大きく分けて、そこに腕と腹を組み合わせる)で鬼のようにトレーニングしていましたが、最近は頑張っても週1が限度。

なので、ここ1年くらいは部位ごとの種目を減らして、一度に全身をトレーニングするように方向転換しています。

 

トレーニングって、期間が空けば空くほど心を奮い立たせないといけなくなるので、仕入れの合間に30分でも時間が出来ればすぐに行けるよう、ジム用品はいつも車に積みっぱなし。

30分あればベンチプレスもできるし、腕だって二頭筋も三頭筋もできますからね。

ジムに行けないときは、家でクランチやサイドベンド、プッシュアップ、ランジなんかの自重トレをちょいちょいやってます。

 

ボディビル大会参加者多数のディープなジムでお世話になっています。

 

【昨日のトレ】

胸:ベンチプレス/ケーブルクロス/インクラインダンベルプレス

背中:ラットプルダウン/ローイング

肩:シュラッグ/バックプレス

脚:ハックスクワット/レッグエクステンション/レッグカール

腹:クランチ二種/レッグレイズ

腕:バーベルカール/プレスダウン/フレンチプレス

 

ということで、サボりたくなる心に喝を入れるためにも、ここでトレーニング記録を付けて行こうと思います。

筋肉ラバーの皆さん、一緒に頑張りましょうね。

女は肌と筋肉。もちろん男も。

お知らせよもやま

ブログの更新がすっかりご無沙汰してしまいました。

お弁当作ったり、酒飲んだり、写真撮ったり、イベントに出たりしていたら、もう今年も残り1ヶ月半!

やべー、私一年間何してたの。

その残りのわずかな期間でちょいとお知らせがありますので、一挙にご報告しますね。

 

 

その1:

11月16日(金)〜18日(日)は、私が不在のため、お弁当及びオードブルのご注文をお受けすることができません。

店舗のほうは通常通り営業しますので、お食事やお飲み物のご利用は可能です。

ヨモさん・ヤマさん・レイさんが三人で頑張ってくれますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

サッカーをやっている次男が、小学校最後の大会なので大阪まで行ってきまーす。

 

 

その2:

竹皮弁当」の販売を、当面のあいだ休止とさせていただきます。

ご好評をいただいているので大変心苦しいのですが、容器調達の都合や他のメニューとのバランスを鑑みて、一旦見直すことにいたしました。

より良いものをご提供すべく、今後テイクアウトメニューを変更する予定ですので、どうぞご理解いただきたいと思います。

 

 

 

その3:

現在の県立文学館での営業を、12月9日(日)を持ちまして終了させていただきます。

その後は新前橋駅前に移転し、12月中旬に新店舗をオープンする予定です。

新店舗ではランチ営業は行わず、テイクアウトをメインとした営業になります。あと立ち飲みも。テヘ。

 

この件については、また改めてきちんとお話しさせていただきますが、私の報告が遅れたばかりに憶測が憶測を呼び色々な噂が飛びかっているようなので、まずは12月に現在の店舗から移転し、その後はテイクアウト専門店になるということをお伝えいたします。

 

 

 

あと、残り1ヶ月半の間に誕生日を迎えます。42才になりますの。←どうでもいい情報

シミとシワと白髪が増えてきたということは、順調に年を取っているということですね。

だって減ったら大変だもの、弁当屋やめてDNAに立ち向かう仕事したほうがいいもの。

 

 

少しずつ変わっています。

あちらこちらでキンモクセイの香りが漂っていますね。

群馬に来たばかりの頃はキンモクセイのことを知らなかったもので、この季節に風が運んでくる甘い香りを「どこん家のトイレの芳香剤だ!?」などと本気で思ったものでしたが、いまでは大好きな香りになりました。人って変わるのね。

 

さてさて。

夏も終わり、お店のほうではメニューを色々と見直しています。

ランチに限定メニューを作ったり、新しいスイーツメニューを取り入れたり、日本酒のラインナップも変わるかも。

地味なところでは、スクエア弁当の容器も変わります。(誰も気付かないと思いますけど。)

 

ちなみに、最近のランチメニューはこんな感じ。

やまと豚のキーマカレーは、男性に人気でした。

 

MOTOKONYA時代から使っているボード。小傷がついたり凹みができたりしていい感じにこなれてきましたが、書くほうは相変わらず残念なセンス。

 

無駄にカラフルにして、センスのなさを誤魔化す作戦に出ることにしました。

 

 

ランチメニューは、私のきぶ、、、じゃなかった、その日の仕入れやお弁当の注文状況によっても少しずつ変わります。

季節の味を楽しんでいただければと思います。

 

限定メニュー考案中

9月に入ったとたん夏がぱったりと終わり、急に秋になったような気がします。

あーだこーだしているうちに、あっという間に寒くなり、あっという間に年末になり、あっという間に年が明けてしまうのでしょうねぇ。怖い怖い。(←毎年同じこと言ってる。)

 

古墳のそばの案内板。森の中に佇んでいるような雰囲気があってお気に入りです。

 

 

じ・つ・は。

新しいメニューを色々と考えています。

いま店頭でお出ししているお食事メニューは、日替わりの「本日のランチ」のみなので、他にも選択肢があればいいなぁ、と常々思っていまして、無い知恵を懸命に振り絞っているわけです。

 

お弁当の受注との兼ね合いがあったり、仕込みの時間も限られているので、まずは「限定メニュー」として始めてみます。

今日はお弁当のテイクアウトでも人気のある、「11種類のピビンバ」を限定3食でご用意しました。

 

 

 

一つ一つ作ったナムル(和え物)がぎっしりと入った、ヘルシー&ボリューミィな混ぜご飯。

スープと一口デザート付きです。(税込1,080円)

なぜ11種類かというと、私が素数が好きだからです。

 

11種類あると、のせるのも意外と時間がかかるのね。

 

 

今後、ちょいちょいと「限定メニュー」をお出ししますので、よろしくお願いしまーす!

お弁当もご注文お待ちしていまーす!

 

 

おかひじきと紫玉ねぎのサラダ

そろそろ”おかひじき業界”から表彰されてもいいんじゃないかってほど、店でもお弁当でもおかひじきを使いまくっています。

酢の物、炒め物、ナムル、白和え、汁物、卵とじ等々いろいろ作りましたが、ここ最近の人気ナンバー1、ランチでお出しすると大抵のお客様に「こ、これは!」と言っていただけるメニューをご紹介しようと思います。

 

 

【おかひじきと紫玉ねぎのサラダ】

 

材料:おかひじき、紫玉ねぎ

調味料:塩、レモン(搾る)、サラダ油、砂糖、酢、コショウ

作り方:おかひじきはさっと茹でて食べやすく切る。紫玉ねぎは薄くスライスする。あとは調味料で和えるだけ。おわり。

 

 

 

ポイントは、おかひじきの茹で方です。

お湯が沸いたら洗ったおかひじきを入れて菜箸でひと回しし、すぐに火を止めます

そして30秒置いたら引き上げ、すぐに冷水にさらしてしっかり色止めを。

おかひじきは、シャキシャキとした歯ごたえと美しい緑色が命なので、気合を入れて真剣勝負で茹でてください。

 

 

 

レモン汁と酢の割合はお好みで。261では、レモン汁8:酢2ぐらいの割合で作っています。

ガラスの器に盛ると、緑・白・紫の色合いがすごく涼しげで、この組み合わせはお気に入りです。