ツールド群馬のお弁当

JUGEMテーマ:今日のお弁当

 

”地上で読む機内誌”をコンセプトに掲げるトラベルライフスタイル誌「PAPERSKY」が企画している、ツール・ド・ニッポンというイベントがあります。

自転車で各地を巡りながら、その土地の文化や風土、自然にふれるきっかけを提案しようという、素晴らしいプロジェクトです。

 

年に3回開催されているこのプロジェクト、5月27日〜28日は、その舞台が群馬でした。

【Tour de Nippon in Gunma】

http://www.papersky.jp/tour/gunma/

 

光栄にも、このツール・ド・グンマで出す、地元の食材を使ったお弁当を用意してほしいとのご依頼を受け、BENTO261でご用意させていただきました。

 

27日(土)は、キンパ弁当。

定番のキンパ6切れに、上州麦風どりの唐揚げ、高崎の大豆の煮物、倉渕村のフライド小芋、体を動かすので甘いものもあればいいかなと思い、沼田の小豆で水ようかんをご用意しました。

お米は、利根沼田産のコシヒカリです。

 

 

27日(日)は、BENTO261の定番人気メニュー、うしだんご弁当。

「うしだんご」は、高崎市箕郷町の増田和牛100%で作る、牛肉のお団子です。

挽き立てホヤホヤの挽き肉で、せっせと仕込んでいますよ。

 

その他、黒米ごはん、ブロッコリーと焼き海苔のナムル、厚揚げの甘辛焼き、茗荷の甘酢漬け、一口スイーツには、群馬県産のフルーツトマト「あましずく」のシロップ漬けをご用意しました。

 

 

担当者の方から、とても美味しくいただきました、と嬉しいご報告がありました。

ご紹介くださった剣持さん、本当にありがとうございました。